バイアグラはED治療薬として最も知名度が高いと言っても過言ではありません。バイアグラが男性器に働きかける効果は確かなものですが、使用方法を間違えてしまうと効果が強く現れたり副作用が発症することもあります。有名だからといって安易に使用してはせっかくのバイアグラが台無しですので、このサイトでバイアグラの正しい使用方法を学びましょう。

薬と水グラス
  • ホーム
  • EDは年齢に関係なく誰でも起こる

EDは年齢に関係なく誰でも起こる

悩んでいる女性

EDは40代~50代以降から目立ってきますが、加齢以外が原因でも発生します。
つまり年齢に関係なく起こることがあり、20代でも大丈夫とは言い切れません。
心因性EDはストレスが最大の原因になっているため、20代で発生するケースも少なくありません。
30代以降になると糖尿病や高血圧、脂質異常症などによる器質性EDが増えてきます。
生活習慣病のリスクが高まる年代になると、EDのリスクも上がると考えてよいでしょう。

若いから関係ない、大丈夫だと安心せず、日頃から生活習慣を整えることが大切です。
運動をして筋肉を強化することは、肥満を予防して体質を安定させてくれます。

また、年齢に関係なく発生すると先述しましたが、中年以降から増えてくるのは間違いありません。
基礎代謝が大きく低下してくるので、血液がドロドロになりやすいためです。
更に、喫煙習慣があると、30代くらいから勃起不全になるケースがあります。

肥満と糖尿病は原因になりやすいので、食生活はしっかりと整えてください。
器質性EDは体質的な問題から発生するので、改善させるためには時間がかかります。
ED治療薬は勃起不全を完治させるものではなく、完治させるのはあくまで生活改善です。
心因性の症状はED治療薬を服用しても効果が出ないことがあり、この場合は精神安定剤が必要になります。
ストレスが原因の場合は、ストレス自体を解消していくことが重要です。

EDの原因は一つではなく、原因によっては20代からでも発生します。
疲労・ストレスを溜めている状態は非常に発症しやすいので、これらを解消することから始めてください。
規則正しい生活を続けていれば、50代以降も元気な性生活を送ることができます。
30代からは精力の差に大きな開きが出てくるので、この年代を健康で乗り切ることがポイントです。
30代と40代を健康に過ごすことができれば、50代以降も安定した精力を維持しやすいでしょう。

EDにならないための生活習慣とは

EDは若いうちは発症しにくいですが、その可能性はゼロではありません。
心因性のEDは年齢に関係なく起こるので、ストレスを溜めないようにしてください。
毎日少しでも運動すれば気分転換になるので、ストレスを溜め込まなくて済むでしょう。
運動により筋肉を強化できるので、脂肪燃焼を促進して肥満・糖尿病などから発生する器質性ED対策ができます。

EDと関係ない生活を続けていても、メンタルに問題があると発生します。
例えば一度のセックスの失敗を引きずってしまい、それが原因で立たなくなるケースがあるわけです。
男性は女性が想像している以上にメンタルに左右されやすいので、必要以上に悩まないことが大切です。
悩みをゼロにすることは難しいですが、なるべく考えないように工夫することは可能でしょう。

生活習慣で改善したい部分は食生活、運動、ストレスなどにあり、これらの問題を解消できれば改善できる可能性は高いです。
EDには必ず原因があり、その多くは生活習慣から発生しています。
生活習慣病が関係していることもあり、糖尿病や肥満などは特に原因になりやすいです。
これらの疾患を予防しておくことがEDにならないために大切で、将来のEDリスクを決めると考えてよいでしょう。

自主的に毎日コツコツと運動する習慣がある方は、下半身の元気を維持しやすいです。
中折れしてしまう方は血行不良の傾向が強く、ドロドロ血液が原因で勃起力の減退を招いています。
運動嫌いは男性機能を若いころから減退させる要因になるので、ウォーキング程度の運動は週に2~3回は最低でも行いましょう。
コツコツと健康生活を維持させることが下半身の老化を予防し、サイズと硬さを維持するポイントです。