バイアグラはED治療薬として最も知名度が高いと言っても過言ではありません。バイアグラが男性器に働きかける効果は確かなものですが、使用方法を間違えてしまうと効果が強く現れたり副作用が発症することもあります。有名だからといって安易に使用してはせっかくのバイアグラが台無しですので、このサイトでバイアグラの正しい使用方法を学びましょう。

薬と水グラス
  • ホーム
  • バイアグラジェネリックの効果は先発品と同じ

バイアグラジェネリックの効果は先発品と同じ

落ち込む男性

カマグラはバイアグラのジェネリックです。薬には、新薬とジェネリックという区分があります。

新薬は初めて市場に登場する薬で、実験や治験を重ねて認可されるものです。
新薬には特許があり、他の製薬メーカーは同じ中身の薬を作れない仕組みになっています。
しかし新薬の特許が切れるとこの限りではなく、そうして他の製薬メーカーが同じ内容の薬を製造したものがジェネリックです。
新薬とジェネリックは、それぞれ先発品・後発品と呼ばれることもあります。

バイアグラのジェネリック品であるカマグラは、先発品のバイアグラと同じ成分で製造されたED治療薬です。
同じ成分で作られているので、カマグラにはバイアグラと同じ効果があります。

先発品と同じ内容で作られ、同じ効果を持つジェネリック薬カマグラと先発品のバイアグラとの大きな違いは、薬価が安いことです。
ジェネリックが安いのは、製造にかかるコストによります。

先発品は、企画・開発の全てにおいてゼロからスタートして作られる医薬品です。
そのため、実験や治験、臨床検査などのいろいろなプロセスを経てようやく承認されて市場に流通するに至ります。
一方のジェネリック品は、既に内容や成分がわかっている薬を製造するものなので低コストです。
この製造にかかるコストの違いが市場での薬価に反映され、カマグラの価格はバイアグラの数分の一に設定されています。
バイアグラジェネリック品のカマグラは、効果は先発品のバイアグラと同じで安い費用で利用できるED治療の医薬品です。

カマグラにはグリーンの錠剤の他にゼリータイプや発砲錠もあり、ゼリータイプにはリンゴやキャラメル、ラズベリーやキウイフルーツなどいろいろなフレーバーがそろっています。
発砲錠のカマグラは、水に溶かして飲むタイプです。

医薬品を使ったED治療は、健康保険が適用にならないので自費治療になります。
医薬品を使って治療を続けたいけれど、経済的な面で厳しいという男性も少なくないはずです。
先発品のバイアグラと同じ効果のあるジェネリックのカマグラを利用することで、そんな悩みも解決できます。

バイアグラジェネリックの種類

ED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラには、先発品のバイアグラと同じ成分で青色の錠剤の他に発砲錠やゼリータイプといろいろなバリエーションがあります。

発砲錠のカマグラは、コップの水に溶かしてそのまま服用するタイプです。
またゼリータイプのカマグラには、ライチや青りんご、ベリー、いちじくやグァバ、キウイフルーツ、キャラメルなどのフレーバーがあり大変飲みやすく、多くの男性に人気が高くなっています。
さらに、チュアブルタイプといってタブレットやラムネのような形態です。
水がなくても噛んだり舐めたりして服用できるカマグラもあり、薬を飲んでいるようには見えず、また急いでいる時でも飲みやすく便利です。

このようにバイアグラのジェネリック医薬品のカマグラにはいろいろなタイプがありますが、いずれのタイプも有効成分として先発品と同じ医薬品が配合されています。
同じ医薬品を有効成分として含有するので、効果や服用に際しての注意点などは先発品のバイアグラとほぼ同じです。

同じ有効成分を含有していて、同じ効果・効能がありながらジェネリック医薬品のカマグラには市場での薬価が先発品のバイアグラに比べてかなり安いというメリットがあります。
医薬品を使ったED治療は健康保険が適用にならない自費治療です。
ジェネリック薬のカマグラを利用することで安い費用で治療を続けることが可能です。

昨今、ED治療を専門に行うクリニックではジェネリック薬のカマグラを取り扱う所が増えています。
クリニックでジェネリックを希望する旨を伝えれば、ゼリータイプや発砲錠タイプ、チュアブルなどの中から自分に合ったタイプを提案してもらえるはずです。