バイアグラはED治療薬として最も知名度が高いと言っても過言ではありません。バイアグラが男性器に働きかける効果は確かなものですが、使用方法を間違えてしまうと効果が強く現れたり副作用が発症することもあります。有名だからといって安易に使用してはせっかくのバイアグラが台無しですので、このサイトでバイアグラの正しい使用方法を学びましょう。

薬と水グラス
カプセルと白い錠剤

バイアグラはファイザーという製薬メーカーが製造しているED治療薬の1つです。
1998年に海外でED治療薬として処方されはじめ、日本国内でも1999年からクリニックで処方されるようになりました。
世界中で最も愛用者が多いと言われているバイアグラには、どのような効果があるのでしょうか。
また正しい服用方法や、服用するとどのくらいの持続効果が期待できるのか試してみたい方は、バイアグラの詳細をしっかり把握しておきましょう。

バイアグラ服用後の持続時間について

バイアグラにはシルデナフィルという有効成分が配合されています。
日本国内で処方されているバイアグラは、シルデナフィルを25mgと50mg入っているタイプが一般的です。
海外では100mの含有量があるタイプもあります。

服用方法は1日1回1錠を水かぬるま湯で摂取するのが基本です。
アルコールで服用しても問題は無いと言われていますが、含まれている有効成分のシルデナフィルには血管拡張作用があります。
血流の流れが一気に良くなるので、アルコールに弱い人が一緒に飲んでしまうと酔いが早く回ってしまうかもしれません。
アルコールに弱いという場合は、水かぬるま湯で飲みましょう。

ジュースで摂取しても良いと言われていますが、グレープフルーツジュースであった場合、副作用が強く出る恐れがあります。
バイアグラは絶対にグレープフルーツジュースで飲まないようにしましょう。

服用してから効効き目が現れるまでにかかる時間は、約30分程度です。
30分から1時間程度でシルデナフィルの血中濃度は効果はピークに達します。
この事を踏まえるとバイアグラは性行為を行う、約1時間程度前に服用しておくのがベストタイミングと言えるでしょう。
気になる効果の持続時間ですが体質などによって変わるものの、平均して約4時間から5時間程度です。

日本で認証されているバイアグラは有効成分の含有量が25mgと50mgとなっています。
含まれている有効成分の量で持続時間に違いが出てくるのか気になる所です。
バイアグラの場合、有効成分の含有量が25mgでも50mgでも、同等の持続時間となると言われています。
日本のクリニックで処方されたバイアグラであれば、約4時間から5時間程度効果は続くと覚えておくと良いでしょう。

ただ、服用してから4時間から5時間にわたりずっと、同じ効果が続くという訳ではありません。
バイアグラの効果を最大限感じられるのは服用後、約1時間から3時間までの間です。
3時間以降は血中のシルデナフィル量が徐々に減っていきます。
3時間ほど経過すると有効成分の血中濃度は、約半分にまで減ってしまうようです。
持続時間は4時間から5時間続きますが、最大限に効果を感じられるのは約2時間程度です。

バイアグラは性交渉を行うタイミングに合わせて、服用する事が必要な医薬品となっています。
特徴をしっかり把握して、上手く活用できるようにしましょう。

バイアグラは世界初のED治療薬

今はEDを内服薬で改善する事が当たり前の時代です。
ですが、バイアグラが誕生する前はEDに悩んでいても、対策法がなくそのまま放置していた男性も少なくありません。
ファイザーがバイアグラをED治療薬として販売を開始した事で、一気にEDは治療で改善できるという知識が世界中に広まりました。

今はファイザー以外にも多くの製薬メーカーが、ED治療薬を製造・販売しています。
バイアグラはその先駆けとなる世界初のED治療薬です。世界初という事もあり、発売当初は高い注目を集めました。
有効成分のシルデナフィルによって、正常な勃起をサポートしてくれます。

シルデナフィルは5-ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制し、陰茎部分の血流をアップさせる効果を発揮してEDを解消する医薬品です。
小さい錠剤を1錠だけ服用するだけで、長年の悩みだったEDを解消できるとして世界中の男性がバイアグラを支持しています。

ただバイアグラは食事にとても影響を受けやすいのが特徴です。
服用するタイミングを間違えてしまうと、ほとんど効果が感じられないという事になってしまうので注意しましょう。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは腸で吸収され、血中へと入り込んで作用を発揮します。

脂っこい食事を服用前にしてしまうと、胃や腸の壁についた食べ物の油分が膜のような形となり、有効成分の吸収を阻害してしまいます。
せっかくバイアグラを服用してもシルデナフィルは吸収されず、便として排出されるのみです。
バイアグラの効果を最大限引き出したいのであれば、空腹時に摂取するようにしましょう。
空腹時であれば速やかにシルデナフィルが吸収され、問題なく効果を発揮します。

どうしても食後にしか摂取するタイミングが取れないという場合には、消化の良い食事をしたり腹6分目から7分目に抑える食事がおすすめです。
そして食後2時間程度経ったら服用するようにしましょう。
もし服用前にファストフードやフランス料理、中華料理といった脂質の多い食事をしてしまった場合、摂取する時間をかなり空けなければいけません。
このような食事の場合は最低でも約6時間から7時間程度の時間を空けて、摂取する必要があります。

バイアグラは性交渉のタイミングに合わせて、摂取しなければいけない薬です。
できるだけ空腹時に服用したほうがタイミングを取りやすいでしょう。

バイアグラの副作用で頭痛ができた時の対処法

医薬品は効果・効能が認められている分、副作用が起こる確率も高くなります。
バイアグラも例外ではなく、服用した男性の多くに頭痛が見られるようです。
バイアグラの主成分となるシルデナフィルには、血管を広げる作用があります。

この作用は男性器部分だけでなく、身体全身に起こるものです。
頭の血管が広がる事によって体質によっては、頭痛といった副作用が起こります。
頭がガンガン痛んでいる時に、性交渉を行うのは無理と感じる方が多いでしょう。
もしバイアグラを摂取して頭痛が起こった場合には、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。

バイアグラは痛み止めと併用しても問題ない薬と言われています。
副作用で頭痛が起こりやすいという方は、痛み止めを飲んで対処しましょう。
ドラッグストアなどで販売されている市販の痛み止めでも良いですが、バイアグラを処方しているクリニックの中には一緒に痛み止めを処方してくれる所もあります。
市販の痛み止めよりもクリニックで処方されるもののほうが、より効き目が高いのでバイアグラを処方してもらう際に、痛み止めも出してもらえないか相談してみましょう。

痛み止めは服用してから約20分程度で効果が現れ始め、約4時間から5時間程度の持続時間があります。
バイアグラも同じく30分程で効き目が出てきて、4時間から5時間にわたり効果がキープされます。
バイアグラを服用するのと同時に痛み止めも飲めば、副作用による頭痛を軽減する事が可能です。

ただ痛み止めを服用すると、今度は胃痛を起こしやすいという方も少なくないようです。
頭痛を抑える薬に入っている成分によって、胃に負担をかけてしまう場合があります。
クリニックでは痛み止めを処方する時、胃を傷めないよう胃薬も一緒に処方してくれる所もあります。
胃が弱いという方は、一緒に胃薬も飲んでおくと良いでしょう。

また、有効成分の含有量が多ければ多いほど、副作用も起こりやすくなります。
日本国内の病院で処方されているものは、有効成分のシルデナフィルを25mg配合しているものと、50mg配合しているものの2種類です。
最初に50mgの含有量があるタイプを服用して頭痛が起きたという場合、25mgのタイプへと変更したら、副作用が起こり難くなったというケースも報告されています。
頭痛が心配という方は含有量の少ない25mgから試してみましょう。